gloomy and/or hopeful monologue

3月 14, 2008

大きな問題を分割しようとするな

Filed under: life — Sato Atsushi @ 6:22 pm

via <http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20080314/p1&gt;

「ほとんどの人は、適切な大きさと複雑さを持ったいい問題を探しているんですよ」
世界中に知的レベルの高い人々は本当にたくさんいるが、その大半は自分で問題設定することができない。プログラマーの世界で言えば、プログラミングは好きだが何のプログラムを書けばいいかわからないという人が世界中に溢れている。成功しているオープンソース・プロジェクトは、そういう人々に対して、次から次へと「適切なサイズの問題」を供給するのだ。たとえばリーダーが大きな構想を打ち出していればいるほど、また新規機能の開発が進めば進むほど、ちょっとした不具合や、構想こそあるけれど開発が遅れている項目などが、「適切なサイズの問題」として不特定多数に提示され続ける。継続的に「いい問題」が供給されるなら、プロジェクトは成功する確率が高い。まつもとの見解はこういうことであった。私の目から、うろこが何枚も落ちた。「新聞にクロスワードパズルが載っているでしょう。あれですよ。見つけると解きたくなる人がいる」

web kikaku 「目からうろこが何枚も落ちたオープンソースの“人間的本質”」

巨大で複雑怪奇な問題を「適切な大きさと複雑さ」に「適切に」分割する能力が重要なのか?
いや。違う。

分割してはいけない。適切に分割することなどそもそも出来やしない。

まず、部分的にでも具体的な解決策を実現すること。ほんの一部でもよい。それが成功しようが失敗しようが最初はどうでもよい。

重要なのはそこから具体的な課題が「生まれてくる」ことだ。それは、まずまず「適切な大きさと複雑さ」を備えていることだろう。

もし、最初の「巨大で複雑怪奇と思われる問題」の設定自体が正しいものならば、継続的に「適切な大きさと複雑さ」をもった課題が「生まれ」続けるはずだ。

但し、「最初の糸口」 を見つけることが一番重要なのかもしれない。

Blogged with Flock

広告

3月 7, 2008

まその – finalventの日記

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 5:36 pm

 「老い」の感覚はむしろ、人生長くなってしまった学習効果のマイナス面にある。

まその – finalventの日記

Blogged with Flock

3月 4, 2008

The world economy | Japain | Economist.com

Filed under: Clippings — Sato Atsushi @ 12:51 pm

There are glimmers of hope. A cross-party group of modernising politicians, academics and businessmen has formed a pressure group, Sentaku (with connotations both of choice and of giving things a good wash). Radically, they want to decentralise the top-heavy system in which local politicians are in thrall to Tokyo’s pork providers; they think the main parties should campaign on coherent manifestos; and they are urging ordinary Japanese, who do not readily bother their heads about such things, to reflect on the folly of voting for politicians who smother their districts in unused highways and bridges that lead nowhere—the visible blight of failed politics.

The world economy | Japain | Economist.com

希望はあるのだろう。多分。

from:

http://sessai.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_51f0_1.html

see also:
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080304AT3S0301203032008.html

http://at0.blog.shinobi.jp/Entry/88/

pork barrel元来の意味は「豚肉保存用の樽」で、昔は労働者への給料として豚肉の塩漬けがわたされていたそうです。
それが、意味が転じて現在では
・連邦議会議員の選挙区のための, 政府補助金の獲得;その資金;そのための法案.
となっています。

pork-barrel politics - 予算ばら撒き政治
pork-barrel effect  - 利益誘導
pork-barrel projects  - (政治家の)人気取り政策

などの使われ方も目にします。

http://www.economist.com/displaystory.cfm?story_id=10723419&CFID=15118908&CFTOKEN=9d7541b1da32fc9d-77CA1106-B27C-BB00-0127BB469ED5CD0B

Blogged with Flock

3月 3, 2008

梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」、読んだよ – finalventの日記

Filed under: 後で読む — Sato Atsushi @ 9:40 pm

さらっと”He emigrated to the United States”と書いてあるが、少し歴史を想像すればわかるがそれはものすごい人生の試練だった。

梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」、読んだよ – finalventの日記

Blogged with Flock

WordPress.com Blog.