gloomy and/or hopeful monologue

4月 2, 2007

[IHT][Design] Helvetica

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 9:06 pm

まだ50歳なんだ。びっくり。

Helvetica: The little typeface that leaves a big mark – International Herald Tribune

It has now been 50 years since Helvetica was introduced.

Arial はパチもんらしい。

Helvetica: The little typeface that leaves a big mark – International Herald Tribune

A digital version of the font, Arial, was introduced in 1990. Arial has since proved popular, but design buffs dismiss it as a cheap pastiche.

Arial – Wikipedia, the free encyclopedia

The typeface was designed in 1982 by Robin Nicholas and Patricia Saunders for Monotype Typography. It is generally understood that Arial was meant as a cheaper substitute (but not so close as to invite litigation) for Linotype’s popular Helvetica.

Powered by ScribeFire.

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。