gloomy and/or hopeful monologue

11月 20, 2006

親としての責務

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 9:36 am

子を持つ親としてなにを考えるべきか?

【正論】梅田望夫 「IT革命」から「I革命」の時代へ-コラむニュース:イザ!

 ≪10年後の教育の姿を想像≫

 産業界でこの影響を大きく受けるのはメディア産業と広告産業だが、国全体で考えれば教育への影響が大きい。
 今の中学1年生が大学を卒業して社会に出るのは2016年だ。小学1年生ならば2022年だ。その頃に「私たちと情報の関係」はどうなっているのだろうか。そんな想像力を働かせないと、子供たちにどんな教育をすべきか見誤る可能性がある。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。