gloomy and/or hopeful monologue

10月 20, 2006

インドの日本の現状

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 5:34 am

たしかに東南アジアには印僑がたくさんいるし、
日本との接点はメディアで報じられている以上に濃いものがあるはずだ。
まだまだ奥の深い話があるんだろうな。パキスタンがらみとかで。

債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら :インドの現状

セット氏の話によると実はインドと日本は国防(安全保障)というレベルでもかなりの交流があるのだという。1999年のマラッカ海峡での日本籍船舶がハイジャックされ、それをインド海軍が救出したという時点から両国はその安全保障上の地理的条件などを理由に交流を緊密化し始め、その後日本のインド洋、東シナ海に於けるイージス艦の派遣などを経て、これらの補給給油の強力、ひいてはイラクへの米軍のy補給級路の支援という側面でも日印の海軍の協力はかなり深い関係になりつつあるとのこと。

債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら :インドの現状

更に言えば、2006年に行われた閣僚級メンバーの交流は既に実に20回を超えているそうで、中国が「政冷径熱」などと言われるのに比べるとこちらはむしろ逆で、安全保障が経済をリードしている感さえあります。

感心したのは、小泉首相らしいプログラムが既に実行されていることで、インドの3万人の選抜された高校生に対し政府が第2外国語として日本語を教えるなんてのがその中にあるそうでして、私の予測に反して日印関係は実にかなり進んでいるのであります。中国、ロシア、ブラジルなどとの交流に比べればこれはすごいアドバンテージですよ。

Technorati Tags: , , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。