gloomy and/or hopeful monologue

6月 29, 2006

[Communication] Edward Tufte & Art of Presentation

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 2:49 am

視覚コミュニケーションの理論という切り口で見ると面白い。

Life is beautiful: Edward Tufteに学ぶプレゼンのスキル

Edward Tufteに学ぶプレゼンのスキル  「スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル」は、このブログの人気エントリーの一つだが、ことプレゼンに関して私が師と仰ぐのはEdward Tufteである。日本ではあまり名が売れていないようだが、米国では「データのプレゼン技法」に関しては第一人者で、本も何冊も書いているし、全米各地でセミナーも行なっている。

see also

The Work of Edward Tufte and Graphics Press

Technorati Tags: ,

広告

[clippin]Programming Without a Call Stack

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 2:30 am

via
TheServerSide.COM

BruceBlog

Programming Without a Call Stack – Event-driven Architectures

Last week I read a paper titled Programming Without a Call Stack – Event-driven Architectures by Gregor Hohpe that is linked from his Enterprise Integration Patterns website. This article discusses and compares EDA with traditional design practices which Gregor terms programming with a call stack. I really like the distinction because I’ve had some trouble finding an appropriate explanation to distinguish between the two models. Gregor even throws in some discussion of GoF patterns and sheds some new light on them from the EDA perspective. One of my favorite discussions in the paper concerns the tracking and analysis of complex events where Gregor states: A system where components interact only through events makes it easy to track the all interaction and analyze them.

Technorati Tags: ,

6月 27, 2006

[clippin] IIS Compression in IIS6.0

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 3:12 pm

Scott Forsyth’s WebLog : IIS Compression in IIS6.0

IIS Compression in IIS6.0

Technorati Tags: , , ,

6月 26, 2006

[clippin] Securing the .NET Programming Model

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 12:00 pm

Securing the .NET Programming Model | Lambda the Ultimate

see also
http://research.microsoft.com/~akenn/sec/appsem-tcs.pdf

Technorati Tags: , ,

[Philanthropy] Buffet to donate to BillG Foundation

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 10:43 am

へたな国家なんか吹き飛ぶだけの金銭的なパワーがBillGに与えられたことになる。
それがどうしたといわれると、よくわかんないけど。

Buffett to Give Bulk of His Fortune to Gates Charity – New York Times

Mr. Buffett plans to give away 85 percent of his fortune, or about $37.4 billion, all in Berkshire stock. Of that amount, he will channel the greatest share, about $31 billion, into the Gates Foundation. The Gates Foundation, dedicated to improving health and education, especially in poor nations, is already the United States’ largest grant-making foundation, with current assets of almost $30 billion. Mr. Buffett’s huge contribution may permanently solidify that philanthropy’s standing as the biggest and most influential organization of its kind. Mr. Buffett will join Mr. and Mrs. Gates as a trustee of their foundation.

see also

池田信夫 blog:ビジネスとしての社会貢献

世界第2位の大富豪、ウォーレン・バフェットが、その400億ドルにのぼる資産の85%を寄付することを表明した。しかも、その5/6はゲイツ財団に寄付するという。これによってゲイツ財団の資産は580億ドルと、全世界の途上国への公的援助の総額にほぼ等しい規模になる。

Technorati Tags: , ,

[IT] CORBA Fall Part2

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 9:50 am

CORBA の後はやっぱり死屍累々だったんだ。
おじさんは辛い。あらためてそう思う。

ongoing · How We Learn

this entry is an appendix on:

gloomy and/or hopeful blog @ WP » [IT] CORBA Falls

[clippin] WinFW is dead.

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 3:15 am

ongoing · WinFS

Technorati Tags: , ,

6月 23, 2006

[book] Charles Stross “Accelerando”

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 12:47 am

clipping.

404 Blog Not Found:Cyberpunk 2.0Accelerando

Technorati Tags: , ,

世代、貧しさ、豊かさ

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 12:41 am

今から思えば、80年代は一つの境目だったのかもしれない。

智場web: Web2.0は世界に何をもたらしたか【Webスペシャル版】
梅田望夫┼公文俊平  司会:鈴木 健

梅田望夫(以下,梅田)── 梅田望夫わたしは今年45歳になるのですが,自分の来し方を振り返れば,まずはサバイバルするための資産作りをファースト・プライオリティ(最優先事項)に置き,それがある程度セキュアーになってから自分の知的生活を楽しもうという生き方を,かなり戦略的に追求してきました.『知的生活の方法』(渡部昇一)や『知的生活』(P・G・ハマトン)には「資産がなければ知的生活は送れない」というテーゼがありますが,そのためのお金をどこから持ってくるか.これを若い頃からずっと考え続けてきました.結局,大学や研究所に勤めてお金を稼ぎながら「知的生活」を送るか,まずはビジネスで稼いでセミ・リタイアしてから,経済的な独立を基盤に「知的生活」に入るか,そのどちらかしかないと結論づけて,後者の道を目指して歩いてきたのです.われわれの世代は貧しい日本を知っている最後の世代でもあるし,わたしは,いつもこういう自分の生き方・発想について,自分は旧世代に属するなぁと思っています.逆に言えば,カネを稼ぐことにまったく頓着しない二〇歳代のオープンソース・プログラマーには,リアル世界でサバイブしていく戦略が欠け落ちているような気がするんです(笑).それこそが新しい現象だという人もいるけれど,公文さんがおっしゃったバリューの,アテンションのほうだけを追求していれば,最低限の生活が一生保障されると本気で信じているのかなぁ,と.ひょっとすると,そこに新世代と旧世代の違いがあるのかもしれないけれど.

Technorati Tags: ,

6月 22, 2006

Dogfooding

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 11:10 am

Dogfoodingといえば、そのIEEE Software 誌にも言及があるように、やはりMicrosoft 。

Cat Typing

ソフトウェアを作ってる人達が実際にそのソフトウェアを使うことを「ドッグフードを食べる」と言いますが、その表現がどこから来たものか、(恥ずかしながら)最近になって知りました。IEEEのSOFTWARE誌に出てました。

http://www.computer.org/portal/cms_docs_software/software/homepage/2006/005-007.pdf

Wikipedia の Microsoft の項は Dog food のオンパレード。

Microsoft – Wikipedia, the free encyclopedia

そういうカルチャーがどうやってできたのかは知らないけど、
Windows NT開発時の影響は半端じゃなかっただろうことが、この本を読むとわかる。

Amazon.co.jp:闘うプログラマー〈上〉―ビル・ゲイツの野望を担った男達: 本

Amazon.com: Show Stopper! Cloth : THE BREAKNECK RACE TO CREATE WINDOWS NT AND THE NEXT GENERATION AT MICROSOFT: Books: G. Pascal Zachary

Technorati Tags: , ,

Older Posts »

WordPress.com Blog.