gloomy and/or hopeful monologue

3月 17, 2006

St. Patrick’s Day & Irish Peace.

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 12:27 am

血塗られた歴史の重みの上にしか、平和の花は咲かないのだろうか?
人間はそれほどまでに愚かな存在であるのか?

Meanwhile: A lesson from Ireland: Never say ‘always’ – Editorials & Commentary – International Herald Tribune

There is a sense in which the core of the Good Friday agreement could have been written by Friel. A key section of the agreement explicitly recognized the right of the people of Northern Ireland to “identify themselves as Irish or British or both, as they may so choose.” This is an open and poetic language, a syntax rich with possibilities that challenge traditional definitions of sovereignty, self-determination and political identity.

Amazon.com: Translations : A Play (Faber Paperbacks): Books: Brian Friel
Saint Patrick’s Day – Wikipedia, the free encyclopedia

Technorati Tags: ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。