gloomy and/or hopeful monologue

3月 14, 2006

Pride and Prejudice

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 12:12 am

自らの自負は他人に対する偏見を生むという普遍的な(心理|真理)は常に新鮮である。

My Life Between Silicon Valley and Japan – 虚業という言葉について

僕は二十代後半から米国のコンサルティング会社に勤め、シリコンバレーでコンサルティング会社を興して八年になる。経営コンサルタントという職業に誇りを持ち、プロフェッショナルとして仕事をしてきたし(そろそろ二十年)、自分が興した会社にも誇りを持っている。

それで、あるときからこういうルールを自分に課した。

それがどんな公式な場であれ、僕の事業に対して「虚業」と言った人には、相手がどんな偉い人でもその場で「その虚業という言葉は、死ぬ思いで会社を興して経営している人間に対して、とても失礼な言葉なんですよ」ということをこんこんと説明した上で、きちんと謝罪を求めるというルールだ。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。