gloomy and/or hopeful monologue

3月 13, 2006

間口は広く、出口は?

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 11:57 pm

驚きが少なくなったということは、それだけ情報量が膨大になったということの裏返しでもある。

naoyaのはてなダイアリー – ETech 2006 レポート

おそらく数年前は、海外のプログラマやエンジニアの間ですら何が盛り上がってるかとか、どういう技術がいま熱いかという話題を共有するのはなかなか難しかったはずです。そういう状況でカンファレンスに出席すると、すべてのものが初めてで、おそらく相当なショックを受けたのかなと思います。ところが、このご時世、先のタッチパネルのデモなども YouTube にあがっててソーシャルブックマークで見たことがあったわけで、会場でみたときにそこまで驚くことはなかったし、今回数多くみられた Ajax 周りの発表も同じくそんな感じで事前に知ってる情報や、あるいは実際に自分で手を動かしてノウハウをある程度持ってる、みたいなものが多かったと。インターネット全体のレベルでの情報共有というのが進んだおかげで、こういった最新技術について触れるためのコストが圧倒的に下がったんだなあと、それをすごく実感しました。

Technorati Tags:

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。