gloomy and/or hopeful monologue

3月 13, 2006

コンパイラをPHPで。。。

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 2:12 pm

たしかにコンパイラみたいなバッチ系のツールは逆にLLが便利かも。
なにしろ、データ構造が簡単にかつ動的に構成できる。

Life is beautiful: 元パソコン少年はマシン語の夢を見るか

 UIEngine にクライアント側での非同期なデータバインディングをさせるためのサーバー側のモジュールにミニコンパイラ、というものがあるのだが、今まではC++版とJava版しか用意していなかったのだ。大企業を相手にしている分にはそれでも十分なのだが、今時のハッカー達からのフィードバックによると、「それではぜんぜんダメ」なのだそうである。

 そこでC版のソースコードを元に、PHP版を作ることに決めたのが先週。移植を始めたのが昨日なのだが、幾つか驚いたことがある。まず第一に、移植がものすごく簡単であったこと。結構複雑なプログラムなので、1週間ぐらいかかると見ていたのだが、一日で終わってしまった。次に、ソースコードがものすごくコンパクトになったこと。Cだと2000行のプログラムがPHPだとわずか200行である。最も効果的だったのが、テーブルデータを一つの array で表現できてしまう点で、そのおかげで API がものすごく簡素化できたのである。テーブルデータを持った array をコンストラクターに渡すだけで良いので、テーブル上のデータ一つ一つに関して addField() を呼ばなければならない C 版のAPIとは比べものにならないぐらい簡単だ。

Technorati Tags: ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。