gloomy and/or hopeful monologue

3月 7, 2006

厄年過ぎれば次世代に。

Filed under: Uncategorized — Sato Atsushi @ 2:33 am

子供たちに次世代を託すにはどうすればよいのだろう?

「ウェブ進化論」の梅田望夫氏が語る“Googleという隕石”(後編):ITpro

梅田氏 あちら側で世界と戦えるようになるのには、まだ時期尚早ですね。私たちの世代では、まず無理でしょう。今、10~15歳の子供が大人になったとき、IT技術を本格的に世界と勝負できるようになる可能性はあります。

-- そこまで待たないとだめでしょうか。

梅田氏 そういうものでしょ、プラットフォームって。10年から15年に一回の変化ですから。

 テクノロジのパラダイムシフトが起きるときでないと、そういう大きなチャンスはめぐってきません。次の時代に何が来るかわかりません。今の20歳前後の人材はポテンシャルがすごく高い。その成長を大人が妨げないようにしないと。

Technorati Tags: , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。